立川駅より徒歩3分 土日も診察 オアシスクリニックは心とからだの不調を気軽に相談できるメンタルクリニックです。デイケアも行っております。

デイケア

さいきんのデイケア

ルーツ

みなさんの好きなものは何ですか?

子どもの頃、周りの友達がプリンセスや正義のヒーロー、魔法に憧れるなか、私は「妖怪」「あやかし」「付喪神」といった存在に心を奪われていました。

目に見えない存在でも、鍛錬を積んだ才能ある人間には見えるのだと信じて、放課後や休日は何度も大冒険(近所の公園や林の探索)に出かけたものです。

大人になった今、古い温泉宿やお寺を好んで巡ることが多くなりました。旅先で建築美を愉しんでいるはずが、ふと気が付けば「ここなら妖怪や付喪神がいるのでは…?」と探している自分がいます。

もし、この人生で妖なる存在に出会うことが出来るなら、その可能性が僅かでもあるなら。私はそのために、自分以外の価値観をすんなり受け入れられる人間でいたいと思います。(言葉にするのは容易くとも、実際は大人になればなるほど固定観念に捉われてしまうのですが…)

きっと、人間と妖の価値観って全く違いますよね。

人ならぬ存在をすんなり受け入れられるよう、色んなものを見て、感じて、いつかの日に備えておきたいものです!

PN:鍛錬次第で動物とも話せるようになると信じている ふかふかのお布団

本の虫

趣味は何ですか?と聞かれると、色々あってすぐに答えられません。

音楽も好きだし、ものづくりも好きだし、散歩も好きだし、映画も、ウィンドーショッピングも、人と話すのも動物も好きだし…と振り返ってみたとき、あれ?最近読書をしていないなぁということに気付きました。

私は子どもの頃から本が大好きで、時間を見つけては色々な本を読んでいました。(当時は勉強をせず読書ばかりしていたので大人に怒られていましたが…)

この間、久しぶりに本屋さんへ行ったとき、学生時代に読んだ本をいくつか見つけました。本のタイトルや表紙を見ると、今まで忘れかけていた物語の内容がふと思い出されて、じんわりとした温かい気持ちに包まれてしまいます。

本って不思議なもので、「何かを読みたい」と思ったとき、その時の自分にとって必要な本に自然と出会いませんか?本の方から引き寄せられているような、不思議な運命を感じることが多々あります。(と、数々の小説家たちもエッセイで語っていました)

この素敵な体験を人生に少しでも増やしたくて、最近はまた読書をしています。

「読書の秋」なんて言ったりしますが、春だって梅雨だって夏だって冬だって、読みたいときに読むのがいちばんだなぁと思う、今日この頃です。

PN:虫っていわれるのちょっとやだ ふかふかのお布団

粘土vsBOKU

先日、念願叶って陶芸の体験教室に行きました。手慣れた先生の元、ろくろを回しつつ、希望の食器の形へと土を成型していく・・・という、おそらくテンプレートなものです。

始まる前は「土に触るなんて久しぶりだな~」なんて楽観的なことしか考えていませんでした。ですが、そのようなゆるい気持ちは数秒で崩れ去ります。予想を遥かに上回る速度で回転する電動ろくろ、少しの力の乱れで湾曲して踊りだす土、気づかぬ内に飛び跳ねる泥水・・・。必死に土へ向き合う以外に意識を取られる余裕すら無く、気がつくとあっという間に時間が経過していました。良質な没入体験ということにしましょう。結果オーライです。

真新しい体験だったこともあって、「プロってすごい」・「基本は大事」・「目標無くして成功なし」など、改めて発見したことも沢山あるのですが、お伝えしたいのは「楽しかった~!」というシンプルな気持ちです。焼き上がりは2か月程後とのことなので、楽しみに待ちたいと思います。

ペンネーム:先生のおかげで、ギリギリ引き分けに持ち込んだBOKU

衣替え。

年に何回かやらねばならない衣替え、面倒くさくていつも先延ばしにして気温に合った服がなくて焦ります。服がたくさんあるから面倒くさくなって、たくさんあるのに「(着れるものが)ない」現象です。
さすがにもう春夏物と総入れ替えしなければなりません。

わたしは丈夫な服を長く着るのが好きで、10年、長いものなら15年、いやもう少し長く着ているものもあります。デザインや形が気に入っているものは何年たってもたくさん着ます。

しかし去年の暮れごろからお気に入り10年選手たちが次々に生地の擦れによって破けはじめました…;へ;
リメイクや修復をすればまだまだ使えそうです。しかし、そんな技術ときめ細やかさもないわたし(面倒くさい)なので、今回の衣替えをきっかけに手放そうかと考えています。

でも寂しい!きめ細やかさと技術を身に着けるきっかけなのでは…とも思いますが、悩みどころです。

ペンネーム:ぎゅうにゅうだいすき

「続かない」のまま続ける

最近なんとなく実感したのですが、私、気ままに文章を綴ることがとても好きです。

元々は自分の気持ちを言語化するのが物凄く苦手で、文章を読むのは好きでも自分で書くなんて論外!と言い続けてきたのですが、人ってわからないものですね。

デイケアでメンバーさんから「プログラムで紹介されていた雑記帳や日記を書く習慣、とても良いよ!」という話を聞くたびに「じゃあ私もやろうかな?」と気が向き、時々日記や思ったことを書くようになりました。(まさかの逆輸入)

絵に描いたような三日坊主なので、数日連続で書いては忘れ、思い出して数日書いてはまた忘れを繰り返しているのですが、そうこうしているうちに、この2年間の記録が断片的に溜まってきています。

ふと読み返してみると、誰にも見られないと思って好き放題に書き散らしているからこそ、当時の自分の気持ちがありありと綴られていて、ちょっと愛おしくなりました。

自分は正しい!私は間違ってない!なのに、こんなに苦しい!なんて内容も書かれていて、今の私からすると「あらあら、こんなことで悩んでいたのか!未来の私は乗り越えてるよー!」と微笑ましくなったり、逆に過去の自分が書いた内容に心を温められたりもします。

そんなことを繰り返しているうちに、気付けば自分の気持ちをそれなりに言語化できるようになってきました。今自分が悩んでいることも、数年後の自分は微笑ましく思うのかも…なんて思えると心が軽くなったり。思わぬ成果。三日坊主でも、やればできるじゃ~ん!といったところでしょうか。

PN:自分を褒める天才 ふかふかのお布団

この時期が来ました。

5月上旬といえばあれですね…柏餅!
(そういえば4月半ばに鯉のぼりや”柏餅”の文字を見かけていたのですが「え?時期違うんじゃない?まだ先なのに」と思って自分の脳の処理にかけることなくスルーしていました。桜の開花が予定より遅くなったり、暑い寒いを繰り返して季節感を逃しておりました。気づいたらこどもの日を迎えていてびっくりです。)

みなさんはもう食べましたか?
こしあん、つぶあん、みそあん、どれがお好みですか?
わたしの身近の多くの人が「〇〇あん派!」と即答するのですが、私は未だに自分の派閥がわかりません。どれも好きです。強いて言うなら手作り感のあるつぶあんでしょうか。

この時期を逃すと来年までもうお目にかかれないであろう柏餅!そういえば食べたかったんだよなぁと言う方はお早めに^^

という話を5月にほぼ毎年している気がします。風物詩になることを目指したいですね。

ペンネーム:ぎゅうにゅうと合うものだいたい好き

気温がぐんぐん。

桜開花が遅れた肌寒い3月…と思っていたら4月後半は急に暑い日がありびっくりです。早くも熱中症発症者がいるとTVで言っていました。水分しっかりとりましょうね。

新年度の環境変化、季節の変化、寒暖の波…その後に訪れる「5月病」とはよく言ったもので、体調を崩さないほうが不思議なくらいの要素がつまっていますよね。

自律神経の乱れや、体調を崩す前兆、これがあるとなんだか不調になるという経験を繰り返しているな、というものがきっと様々な形でみなさんのなかにあると思います。

調子を崩す前にできそうなこと、事前に整理できるといいですね^^

私は暑いのがとても苦手なので、活動しやすいこの時期に汗をかく練習を兼ねて適度な運動を意識的に取り入れたいです。
ちょっと気が早い話題にも思えますが、思いついた時に備えられるといいですね。

ペンネーム:ぎゅうにゅうで喉を潤す日々

近所迷惑になっていませんように

みなさん、テクノ法要をご存知でしょうか?

知らないよ!という方は、一度ネットで調べてみてください。

テクノ法要をみなさんに紹介したくなって、このブログに書こうと文章を綴ってみること早3か月。私の説明に熱が入るあまり、何度書き直してもブログに収まりきらない文章量となったため、こうしてネット検索をお願いしている所存です。

ということで、このテクノ法要が企画された所以やルーツなどについての説明は省かせていただきますね。(それだけでword2枚分は綴ってしまいそうになるので…)

最近、「今日は眠れない気がするな~」と感じた日には、就寝前に薄暗くした部屋で、このテクノ法要を流しています。

現代だからこそ創り出せる美しさと、古来より伝わる奥ゆかしさが混ざり合うことで、不思議と心が落ち着きます。

ただ、とっても好きだ~と音に浸りながら自分時間を過ごすなか、ふとした時に「これ外に音漏れしちゃってないかな?」と心配になったりします。

夜中にどこからともなく聞こえてくる、やけにリズミカルなお経。

怖いと思うか、シュールだと笑うかは、あなた次第です。(やりすぎ都市伝説の口調)

PN:ふかふかのお布団

お花見してきました。

今年は桜の満開時期が遅れ、ここ数年に比べて4月に桜が見られる時間が長かったのではないでしょうか^^
ベストな天気の日が少なかったですが、今年も桜が満開の時期に根川緑道にお散歩に行きました。
緑道沿いの野球場でちょうど高校野球がやっていて、応援の声や音楽が聞こえてきてなんだかワクワクしたのが今回の思い出です。
根川緑道沿いは満開の時期でも縁日のようなものがないので、桜の香りや緑道の静かな雰囲気が漂う様子が好きです。その雰囲気にいつもとは違う高校球児たちのはじける声援や球を打つ音が響くのが何ともすがすがしく、いいなぁ、と感じました。

実はちゃんとしたスポーツ観戦をしたことがないので、チャンスがあったらそんな”初めて”にトライしてみるのもいいな、と今年の目標が1つ増えました。

ペンネーム:ぎゅうにゅうだいすき

睡眠の格上げ

最近、長々としたブログを書いては消し、書いては消していたふかふかのお布団です。

ペンネームに因んだ最近の話をここでひとつ。

様々なアレルギーにやられがちなこの季節、思い切ってシーツカバーや毛布、マット等の布類を、コインランドリーで丸洗いしました。

コインランドリーって、独特の良い匂いがしませんか?あの空間で、ぼーっと洗濯物を待つ時間、けっこう好きです。乾燥機から出てきたふかふかの布たちに顔を近づけると、暖かくてほっこりします。

どうやら布団本体も丸洗いしてもらえるらしく、今度試してみようとドキドキしてる今日この頃。

私の「普段しないけど、たまにすると良いこと」リストに、コインランドリーの使用を追加します!

PN:ふかふかのお布団

ページの先頭へ

診察時間

診察時間
お気軽にお問い合わせ下さい
  • オアシスクリニック外観
  • オアシスクリニック地図
立川駅北口より徒歩3分
住所:東京都立川市曙町1-15-3
Copyright © Oasis Clinic. All Rights Reserved.